産後 母乳を飲んでくれない!上手におっぱいを飲んでもらう方法はある?

2015.11.06

  • usefulbtn (0)

571043-i04 産後

直母ができない原因とは?

出産をしたら母乳で育てようと出産前は意気込んでいても、実際はなかなかそうもいかずに悩んでいるママも少なくありません。原因としては、ママの乳頭が陥没・扁平乳頭で赤ちゃんが特に飲みにくい形状であったり、赤ちゃんが哺乳瓶に慣れてしまい母乳を飲むことを嫌ってしまったりとさまざまです。

 

母乳がでなかったり赤ちゃんがうまく飲めなかったりして母乳で育てることを諦めてしまうママも多くいますがそこで諦めないでください。母乳は頑張ればまだまだ出る可能性があります!

うまく授乳をするコツとは?

おっぱいの悩みはデリケートでなかなか相談できないこと。
悩んでいるのは1人ではありません。ここでは、ママの体験談をご紹介します。

 

体験談1
もともと扁平乳頭で妊娠中にマッサージしていました。多少は出てくるけど、すぐにひっこむ…の繰り返しで改善せず、咥えてくれてくれなかったので最初の頃は搾乳機で搾乳して哺乳瓶であげていました。乳首は柔らかくなっても、なかなかうまく吸うことができず怒っては泣くの繰り返しでした。
もう、こんなに泣くなら、辞めようかな?とも思いましたが、助産師さんに相談にして支えてもらったことで頑張ることができ、3ヶ月目にしてやっと吸ってくれるようになりました。諦めなくてよかったと心から思います。

 

体験談2
母乳はよく出ていたのですが、赤ちゃんが本当にへたっぴで最初の頃は、搾乳して母乳をあげていました。ママのおっぱいが嫌いな赤ちゃんがいるの?っていうくらい全力で嫌がられていました。家はまだしも、外でも泣かれるのでミルクにしようか本当に迷いました。
しかし諦めず「あなたのおっぱいはこれだよ」と、赤ちゃんに覚えてもらうように続けること2ヶ月…少しずつですが上手に飲めるようになりました。今は5ヶ月になりますが自分から吸い付いてきます。諦めなければ赤ちゃんも上手になります。頑張ってください。

 

体験3
私の乳首が扁平で短いことで赤ちゃんが吸ってもらえませんでした。最初のうちは搾乳とミルクを哺乳瓶で与えていました。

 

そのまま哺乳瓶になれて乳頭混乱を起こしてしまうのが怖かったので乳首の上につける保護器使って吸うことに慣れてもらい、うとうとし始めたら赤ちゃんに気づかれないように乳頭を含ませえたりしながら工夫をしていました。

母乳をあげるためにやってみたこと

いかがでしたか?先輩ママさんたちのお声は参考になりましたでしょうか?
体験談の中で話されていた方法をいくつか取り上げてみました。

 

1.おっぱいマッサージ(乳首・乳輪を柔らかくする)をする
乳腺を発達させ、母乳づくりを促進することができるので、赤ちゃんの吸いやすい乳首にすることができます。
2.根気よく赤ちゃんに乳首を吸わせる
乳首は吸えば吸うほど飲みやすい形・柔らかさになっていきます。
嫌がる赤ちゃんを見るのはママも辛いと思いますが根気よく吸わせてみてください。
3.保護器や搾乳器を使う
吸う力の弱い赤ちゃんもいます。最初から直母乳でなくてはと焦らずに、まずは飲んでもらうことを優先に考え上手く活用していきましょう。

 

できないからといって自分を責めたりはしないでください。辛い時期ではありますが、無理せず、自分のペースで赤ちゃんと一緒にコツコツ努力していきましょう。

http://mama-s.club/?p=3201


産後ママに読んでほしい!ママのおっぱいで栄養足りてる?
管理栄養士上野さんごはんブログ
ページTOPへ戻る